DQ10g

ドラクエ10の新規・復帰勢支援ブログです。

“どらくえじゅうぐらむ”

効率面から着目した攻略チャート 〜装備・耐性錬金篇〜

f:id:dq10g:20180427145813j:plain

「耐性は重要」です。人それぞれ意見はあると思いますが私は耐性はエチケットのようなものだと思っています。人と会うのに顔を洗い歯を磨き、身なりを整えるのと同意だと思います。キャラ強化が進み今では討伐にシビアな敵は減ってきてはいるものの耐性を用意していないばかりに足を引っ張り全滅してしまうことはまだまだあります。人に迷惑をかけるのが当たり前とは到底思えません。しかし、資金的な問題や装備枠の問題から全てを網羅するような装備を揃えるのは難しいとは思います。そこで、最小限の手間・コスト・装備枠で数年単位で使える装備を揃える方法を紹介します。

まず最初に「他の人と組まないなら適当な錬金」で十分です。

人と組まないコンテンツは迷惑をかける相手が居ないのでなにも気にする事はありません。それにパッシブスキルを取得して、それなりに強いサポを雇っていればストーリー進行や試練の門などのレベル上げコンテンツはユニクロ装備と言われるLv35〜50の装備で十分です。星2未錬金のユニクロ装備を購入し、自分で耐性を錬金すると全身5装備を20万G以下で作成出来ます。そのためにメインかサブのいずれかの職をランプ錬金職人にすることをオススメします。

 

【メイン職を占い師とした一例】

最新装備購入までの最速フローを紹介します。

 1.占い師を裸でも良いのでLv42程度までLvを上げる。
ストーリーをしばらく進めるだけですぐ到達します。
   ⬇
2.ユニクロ装備(きじゅつしセット★2未錬金)に耐性を錬金。

■参考錬金

箇所 ユニクロ錬金★2
マヒ
即死
混乱
速度
踊り

主にレベル上げのメインコンテンツである試練の門に対応した耐性錬金となっています。各部位100%を目指して錬金し、失敗してもそのまま装備して問題ありません。使い込みが100になったら結晶化してまた新しく作り直すのも良いです。自分(もしくは錬金依頼)で錬金すれば1セット15万G以下で作成可。
   ⬇
3.Lv96まで上げる。
ストーリー進行、試練の門、日替わり討伐など。
   ⬇
4.金策をする。
ここが一番大変ですが、努力に比例してゴールドは稼げます。様々な金策がありますので自分に合った無理のない金策を行いましょう。最高効率は職人金策です。

ジェム課金出来る人限定ですが、釣り報酬で得られる830万Gを資金にすると金策の手間が省けます。魚の釣った種類の数に応じて貰える「老師のご褒美」には1枚10万で売れる「黄金の花びら」というアイテムが83枚あるので最終的に830万ゴールド手に入れる事が出来ます。便利ツールの「のぞみの釣り堀」ではジェムで竿とルアーがレンタル出来るので毎日釣り場をチェックして新種やビッグ、キングサイズが居たら便利ツールを利用して釣るようにしましょう。


   ⬇
5.メイン職の装備1セット購入する。
想定予算は1,000万G。“絶対に妥協せず”高水準の錬金装備を購入。

箇所 前衛・中衛 後衛
混乱100、封印40 マヒ100、封印40
呪い100、即死60 呪い100、即死60
マヒ100、封印60 混乱100、封印40
会心 速度
転び100、踊り100 転び100、踊り100

基本的に混乱、封印、呪い、マヒ、転び、踊りの6耐性を100%で考えてます。これは現コンテンツで必要とされる頻度と重要性の高い耐性の上位から選択しています。そして前衛・中衛と後衛の大きな違いとして混乱とマヒの付ける場所を変えています。これは魔法職をする際、体下に攻魔錬金の埋め尽しを装備することがあるのですが、牙王ゴースネル、レグナードなど頭は麻痺100%が良い場面の方が多いからです。逆に体下がフリーの装備がある前衛と中衛は頭混乱、体下マヒで統一しています。
   ⬇
6.それ以外の職はゼルメアで揃える。
錬金が重複しないように厳選しつつ揃える。
   ⬇
7.最終的に全職で色々な耐性に対応出来るように装備を揃える。
ゼルメアで揃えながら足りない部分を購入する。

【支出を抑える錬金石の上手な使い方】
錬金石は大前提として、効果・効率を考え、失敗を成功に変える事(成功→失敗45石)だけに使います。次に錬金石1石あたりの価値を決めます。例えば私の場合、錬金石は1万G/1石と決め、失敗品と成功品の価格差が1箇所あたり45万G以上の差が無ければ絶対購入しませんでした。自分の中で判断基準を決めておくと迷わずに済みます。更に、失敗品と成功品の金額に差がある装備を格付けし差が大きいものから順番に購入していました。面倒だとは思いますが、大量に装備を買う場合には数千万Gの差が出ます。