DQ10g

ドラクエ10の新規・復帰勢支援ブログです。

“どらくえじゅうぐらむ”

今どきのベルト考察 輝石のベルト封印編

f:id:dq10g:20180718165613p:plain

このブログの記事はライト〜ミドルプレイヤー向けの内容となっているので廃プレイされる方は王家や邪神を鬼周回し、課金倉庫を増やしてありとあらゆる効果のベルトを大量にストックされることをおすすめします。

今回は前回の基本編で考察したベルト収集の基本的な考え方を元に「輝石のベルト」の封印を考察していきます。前回の基本編は以下ブログを参照。

 
まずは「輝石のベルト」の仕様をおさらいします。

・魔力系とくぎや呪文に種族特攻は載らない
・耐性系効果は出にくい
・最高値は竜箱か天箱からしか出ない
・戦闘勝利時時HP・MP回復は出にくい
・天箱はドロップ率アップが出やすい
・竜箱はドロップ率アップが出にくい

前回のブログで定義した「繋ぎのベルト」の有無で封印パターンが替わるので2パターンの封印を考えました。新規や後発勢でまだ「繋ぎのベルト」が収集できていない方は「パターンA」を、「繋ぎのベルト」を集める必要が無い方は「パターンB」をご覧ください。
また、表の赤文字はAとBで被りのある効果です。パターンAに当てはまる方でも封印していく途中の段階で「繋ぎのベルト」が集まる可能性があるので、まずは両方で封印予定の赤文字から封印していってください。

■パターンA
新規勢向けの封印パターンで「繋ぎのベルト」を集める事を基本に構成してある封印パターンです。「繋ぎのベルト」が集まったらパターンBに移行してください。

系統 No. 効果 系統 No. 効果
ステアップ系
出現頻度 中
1 おしゃれさ
開戦時系
出現頻度 中
19 ためる
2 さいだいMP 20 夜ためる
属性ダメージ系
出現頻度 中
3 氷呪文 21 盾ガード率
4 風呪文 22 ピオラ
5 光呪文 23 バイシオン
攻撃時系
出現頻度 中
6 24 リホイミ
7 猛毒 25 マホキテ
8 眠り 26 マホトラのころも
9 マヒ 27 メイクアップ
10 混乱
種族特攻系
出現頻度 中
28 虫系
11 幻惑 29 植物系
12 魅了 30 怪人系
13 マホトーン 31 悪魔系
14 ぶきみなひかり 32 エレ系
15 魔導の書 33 物質系
16 テンション下げ
その他
出現頻度 低〜高
34 通常ドロップ
17 マホ系解除 35 レアドロップ
18 リホ系解除


■パターンB

パターンBは繋ぎのベルトが集まった後の最終的な封印パターンです。いわゆる「今どきの輝石のベルト」です。

系統 No. 効果 系統 No. 効果
ステアップ系
出現頻度 中
1
おしゃれさ
攻撃時系
出現頻度 中
18 ぶきみなひかり
19 魔導の書
属性ダメージ系
出現頻度 中
2 炎呪文 20 テンション下げ
3 氷呪文 21 マホ系解除
4 風呪文 22 リホ系解除
5 光呪文
開戦時系
出現頻度 中
23 ためる
6 闇呪文 24 夜ためる
7 氷とくぎ 25 リホイミ
8 風とくぎ 26 マホキテ
9 光とくぎ
種族特攻系
出現頻度 中
27 虫系
攻撃時系
出現頻度 中
10 28 植物系
11 猛毒 29 怪人系
12 眠り 30 悪魔系
13 マヒ 31 エレ系
14 混乱 32 物質系
15 幻惑
その他
出現頻度 低〜高
33 呪文ぼうそう
16 魅了 34 通常ドロップ
17 マホトーン 35 レアドロップ


「近接火力系」と「魔法使い」のベルトは全て「戦神のベルト」で収集するので、該当する効果は全て封印しています。属性ダメージの炎、雷、闇、土を残しているのは占い師と天地雷鳴士に最適な複合ベルトを狙うためです。

封印している効果は職、とくぎ特性、ボス耐性、効果出現頻度のバランスを考えて考えています。あまり細かい事を書いても興味無いかなと思いますので説明は割愛しますが、どうしても知りたい事などありましたらツイッターかコメントでご質問ください。